興行ビザと震災

私がオーストラリアにワーキングホリデーを利用して滞在していた時の話です。
現地のミュージシャンと知り合い機会があったのですが、彼らは日本での活動を希望していました。
東日本大震災の後だったので、「自分たちの歌で少しでも日本の人に喜んで欲しい」というのが彼らの願いだったのです。
しかし、招待されるなどの明確なコネがない限り、日本の興行ビザを取得するのは至難の業なのだそうです。
ビザの取得を厳しくするのは反対ではありませんが、その反面、せっかくの好意が無駄になっている事実もあるのだと感じました。興行ビザなら、行政書士さんにお任せする時代となりました。
ほんとうに厳しいので・・・